短評


回復スキルが一番印象的でサポート系の武器と勘違いするかもしれないが、実際は対武将も対兵団も充分にこなせる能力がある。
かなり扱いやすい武器なのでアクションに慣れていないほどおすすめ。

詳細解説


熟練すれば対武将でも遅れは取らないどころか滅多に負ける事がなくなるほどに強い武器。
とにかくガードが優秀。ガード攻撃は敵が必殺技のCT中であればほぼ一方的に有利になる。

しかしガードを破ってくる攻撃には注意。近接武器の必殺技の多くはガード不可だし、下馬攻撃はガードに失敗することがよくある。
ショートボウのボーラやマスケットの轟天雷といった遠距離攻撃でガード不可のダウン攻撃も存在するので注意。
またこのゲームはガードの範囲がかなり狭く設定されているため、少し斜めくらいからの攻撃でもガードできなかったりする。

敵の武将から複数狙われているような時はガードしながら下がりつつ、タイミングを見て横にローリングをすると長く時間が稼げる。


通常攻撃

リーチは短いが出が早く威力も高めで使いやすい。スキルのCT中なら安心して振っていける性能はある。

2発目までが横薙ぎで、3発目が打撃攻撃。兵団相手に使うときは3発目で止めて1発目から振り直すと強い。
兵器破壊の時や連盟クエストではよく使うテクニックなので慣れておくといい。

ダッシュ攻撃も出が早く優秀で、コンボや追撃、牽制目的と出番が多い。ソドシは戦闘スタイル的にスタミナを消費しにくいので、安心して出していける。
横に走っている相手に当たらなくなるので設定でホーミングを切ったほうが個人的は使いやすい。
しかし下馬攻撃は当てにくくなるので一長一短。

騎乗時

右クリックでガード。アペニンの矢がガードできたりできなかったりする。

下馬攻撃にはノックダウンがついていてとても優秀。
ソード&シールドのスキルは必殺技以外に初手でダウンを取れるスキルが無いため、敵の前で騎乗して狙うくらいでもいい。
ただし硬直解除はされるのでCTの長い剣盾猛攻で追撃するのはそれなりにリスクもある。猪突猛進が使える状況であれば、そちらとのコンボに温存しよう。

ガード

ガード中に移動速度が下がらず、さらにガードしながらの攻撃が可能なため、全武器中最高の性能を誇る。
ガード攻撃は突きなので、敵のちょっと横に回り込むだけでガードの隙間を通して攻撃できる。
常に回り込みながら撃つようにすることでザクザク刺し続けられる。ソドシの基本的な動きの一つなので、他の武将に後ろを取られない範囲でどんどん狙っていこう。

威力は低いものの低リスクで一方的に相手のHPを削れるため、タイマンの時は自信を持って繰り出していい。
もちろん相手がスキを見せたらダッシュ攻撃や剣盾猛攻を狙おう。


一応ガードをしていても頭や足は出ているので遠距離攻撃は当たるし、ガードを破る攻撃もあることには留意しておくこと。

スキル


回復と移動速度上昇のバフスキルはソード&シールドのみが可能なもの。どちらも優秀で、領土戦でも常に数人前線に欲しいくらいの性能をしている。


攻撃スキルはDPS重視、移動速度デバフ付き、硬直解除といったものに加え、ガードを維持したまま攻撃できるものもある。
しかしどれも範囲は狭めで当てにくく、他武器の代表的な通常スキルと比べてもハッキリ強いと言えるのは剣盾猛攻くらいしかない。
スキルポイントが少ないうちはバフスキル2つをセットし、前線にいながら死なないようにするにはどうすればいいか、どこにいればいいかを研究しておくといい。

必殺技は強力なCCスキルとコンボ系のスキルでどちらも強いので、それらのどちらかを取得すれば対武将でも負けない性能になる。

基本的にはガード攻撃と回復スキルを駆使して敵のスキを狙いつつ、強力な必殺技からのコンボで一気に敵武将のHPを削るカウンター型の戦闘スタイルで、先手を取れるスキルは猪突猛進だけしかない。

武将とのタイマンでダメージを出したい場合は敵プレイヤーとの駆け引きも必要になる。デュエルで練習しよう。


剣盾猛攻

CT16秒。
主力スキル。CTは長いがソード&シールドのスキルの中では一番使い勝手が素直で信頼のおける性能をしているので必須クラス。
対兵団でも対武将でも使う。
総ダメージ量が非常に高く、下馬攻撃や猪突猛進から繋ぐと特に強力。

スキルの割にはモーションが地味なので警戒されにくく、意外と最後の蹴りまで当たってダウンを取れることがある。

勇猛斬撃

CT10秒。
6秒間-50%の移動速度デバフ付き。威力、CT、範囲も優秀。

モーションが長くリーチが短いため、武将相手に狙う時には2発目を出さない選択肢もある。
移動速度を下げるだけでも充分味方が追撃しやすくなるため、欲張りすぎないようにしよう。

サブ攻撃スキルとしては対兵団では最も優秀。連盟クエストでなら盾撃の代わりにいれていい。

敬虔な祈り

CT20秒。
自分のHPを即時10%回復し、10秒間HP2%回復のリジェネがつく。

LV3になるとリジェネ効果のみ味方にもかかるようになる。

モーションが短く対武将でも大いに役立つため、外す理由が全くないほどに優秀なスキル。

盾撃

CT12秒。
ブロック削り&硬直解除スキル。
2発目にビートバックがついているので相手のスキルを中断させられる。

リーチは短いが範囲は円形に広く、兵団相手に使うときは兵団の群れに踏み込んでから使うと多数に当たる。

しかしこのスキルはCTもそこそこ長いので、このスキルを攻撃に使って肝心な時に硬直解除できないなんてことにならないように注意。

使い勝手がいいスキルとまでは言えないが、対武将を考えるなら必須とも言えるスキル。

防御打撃

CT10秒。
打撃という名前だが斬撃で攻撃する。ガードをしながら攻撃できるスキル。

一応HP回復効果もあり、前線で兵団を殴る時に役立ちそうだが威力が低く範囲も狭め。

特筆すべき性能はないが、とにかく前線で死にたくない場合はこのスキルが一番役に立つだろう。

勇気注入

CT36秒。
移動速度が25%も上昇するバフを9秒間かける。

地味に思えるかもしれないが使ってみると結構便利で、「兵は神速を尊ぶ」という名言がある理由も理解できるだろう。
リスポーンから味方への合流が迅速にできるため、味方が押しているタイミングで自分がいない(=自分だけ活躍できない)みたいなことも少なくできる。移動が速いので道中で単独行動する敵に絡まれにくくもなる。

しかしながらこのスキルを入れるには攻撃スキルを一つ削らなければならない。
とはいえ剣盾猛攻以外の攻撃スキルはどれも微妙だし、必殺技を正義の裁きにすれば対武将は充分カバーできる。

一騎討ちでは味方とVCで連携が取れていないと厳しいかも。適当に使って強いスキルではない。

猪突猛進

CT60秒。靴CT50秒。
ブオオオオッという音を立てながら目の前の敵を轢いてこかしまくるスキル。
横陣で並んだ敵兵団を連続で轢くのが楽しい。馬止め槍や大盾相手にはかなり有効。

出が早いので味方がこかされた時の救援としてかなり優秀。敵が多少バラけていてもこかしにいけるくらいの移動力はある。
しかしこのスキル自体の移動速度は特別速いわけではないので逃げる敵には届かない時もあることに注意。


モーション中に別のスキルを使用するとそのままキャンセル発動できる。猪突猛進から剣盾猛攻に素早くつなぐと剣盾猛攻の斬撃部分が全て当たるため、簡単に大ダメージを与えることができる。



正義の裁き

コンボ系のスキル。1発目がスタン、2発目がダウン、3発目にノックアウトがついている。
CT47秒(靴37秒)。硬直解除付き。

猪突猛進は非常にわかりやすい強さをしているが、こっちの必殺技も充分強い。
2発目までのモーションが短く、DPSが優秀。3発目まで入ればそこからさらに剣盾猛攻で追撃が入る。

硬直解除とスタンがついているので敵のコンボを跳ね返すのにも使える。一応出が早いわけではないので硬直解除で使うときはタイミングを見よう。
また必殺技ながら2発目までの攻撃は硬直解除で抜けられてしまうため、敵の武器次第では反撃を警戒する必要がある。

対兵団スキルとしては範囲が狭いので微妙。他のスキルを兵団に使い、スキルで妨害してくる敵武将に対してこちらを使おう。

戦場での立ち回り


優秀なガード性能を活かして前線に立ち、敵武将のスキルをガードで受け止めつつ味方に回復をばらまき、味方が敵をダウンさせたらそれに一緒に追撃するといった感じ。
前線ではガードを過信しすぎず、HPの残量に注意すること。

ソード&シールドで先手を取りにいっても成功しないので、誰かがきっかけを作るまでは前線で武将にガード突きをしているだけでいい。味方の先頭に立つだけでも充分役に立っている。


言い換えれば味方がついてきていないと何も動かせないので、自分一人が突出しすぎないように。
敵武将も3人釣れてしまうと押し切られるので位置取りも慎重に。

対武将での立ち回り


やはりガード突きが基本。敵の横に回り込むように動きつつガード突きを狙うのが基本だが、回り込みすぎて他の敵武将に背中を向けないように。
ガード突き戦法は相手がどの武器でも有効だが、ダメージが低いのでそればかりやってもしょうがないことには注意。また迂闊にガード不可の必殺技をもらわないように気をつけよう。


狙われたらガード歩きで下がりつつ、敵の攻撃をガードで受けたら横にローリングを入れると後続の追撃をかわしやすい。
2人以上釣れてしまったら味方のいる方向に下がるようにすること。


自分以外の味方がダウンさせられ追撃を入れられている場合は必殺技で助けにいくこと。猪突猛進ならカット自体が成功しやすいし、正義の裁きならカットから逆に敵武将を倒せる目が生まれる。

コンボ

 ・下馬攻撃→通常攻撃

狙いやすくスキルを消費しない。勇猛斬撃を採用しているならそれを撃ってもいい。剣盾猛攻は硬直解除を警戒して温存しておこう。

 ・猪突猛進→剣盾猛攻

先制で狙えて威力も十分高い強力なコンボ。猪突猛進をキャンセルするタイミングは練習しておこう。
うまくいけば最後の蹴りもダウン復帰後に当たってさらにダウンが取れる。

 ・正義の裁き→ダッシュ攻撃→剣盾猛攻

正義の裁きが3発目まで当たった場合のコンボ。総ダメージはかなり高いが正義の裁きの2発目後に硬直解除されて逃げられることもある。
できれば敵の硬直解除スキルを把握し、そのCT中を狙っていきたい。


武器の付与ステータス


斬撃ダメージ主体なので斬撃ダメージと斬撃破甲値には欲しい。
最近はレジェンド防具の重鎧武将も増えてきたので、破甲値も重要になってきている。ステ振りも耐久(防御力)特化にされるとソード&シールドでは多くの攻撃が最低ダメージ近くに抑えられてしまう。

刺突破甲値は元々少々高いので、ステータスは斬撃2種+打撃突撃力か技術で付くのが望ましいかもしれない。

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

メンバーのみ編集できます