短評


何にも特化していないが、「できることが多い」武器。
スキルの構成次第で得意なことが大きく変わる。
しかしハッキリ何かに特化していない以上、決して考えなしに扱って強い武器ではない。
偃月刀の強さを実感できるようになるには、スキルの充実と優秀な装備、そして偃月刀の操作自体の修練も必要になる。

詳細解説


スキルのCTが全体的に長い上に通常攻撃が弱いため継戦能力が低い。
なのでヒット&アウェイを心がけることで生存能力が高くなる。

さらに偃月刀は奇襲やカウンターが得意な性能なので、自身が先頭を切るよりは味方に前に行かせたほうが動きやすい。八方威振を採用していれば最前線に居続けなくても前線への貢献ができる。


対武将では、高い総ダメージを誇るコンボがあるので立ち回りさえ間違えなければ充分強い。
純粋なタイマンになると苦手な相手は多いが、前線で天地崩壊を絡めたコンボを成功させたときのリターンはかなり大きい。一度のコンボで相手のHPを撤退圏内どころかキル可能圏内まで追い込める。

偃月刀の強みと弱みを理解し、いつでもなんでもやろうとしないことが大事。
なのである程度スキルの構成を、コンボダメージ特化や前線での支援特化など、そのテーマを考えて決めるといい。
ハッキリ何かに特化したスキル群ではないため、あれもこれもと欲しいスキルを入れてしまうと戦場で役割が持ちにくくなってしまう。

通常攻撃

通常攻撃は範囲が広くてよろけがついているが出が遅く、対武将の牽制や追撃には使えない。

しかし兵団に対してのよろけは強力で、味方の兵団のすぐ前にいる敵兵を斬ることで動きを止め、味方の兵団を殴らせずに一方的にダメージを与えることができる。
通常攻撃を振る位置を考えて振ればそれなりに使える攻撃ではある。
最後の回転斬りのダメージが大きいため、通常攻撃を振り回すならそこまで気にして出すようにしよう。

ダッシュ攻撃

対武将では通常攻撃の代わりにこちらを使う。
出が早くてリーチも長めでよろけもついていて威力もそこそこ高い優秀な攻撃。
縦振りだが、兵団に対して使ってもいい程度には横の範囲もある。

便利だがスタミナを消費するので長くダッシュしないように。

騎乗時

騎乗時に右クリックで強攻撃が可能(スタミナ消費)。
さらに範囲攻撃系のスキルが追加されるので騎乗時の対兵団戦闘能力はトップクラス。
騎乗したまま敵兵団の後ろに周りこんで背を討ったりできる。

下馬攻撃はよろけのみだが範囲が広い。
右クリック→馬上スキル→下馬攻撃といったコンボで集団に大きくダメージを与えつつ下馬し、さらに武将の攻撃で追撃をすると速やかに兵団の処理ができる。

偃月刀の騎乗攻撃は範囲も威力も優れるため、使いこなせるようになると兵団の処理が楽になる。
騎乗時の通常攻撃は、右前に進んでいる時は左に、左前では右に振る。画面の奥方向に向かって振ると覚えたらいい。
余裕があるならバックアタックを狙おう。
ガード

盾持ちほど優秀ではないが、通常攻撃が遅い偃月刀では安定行動として重要な働きをする。

敵がガードの上から攻撃してきたならそのまま日月でカウンターが可能。

スキル


敵兵団の掃討に役立つ「残雲一掃」、敵武将の動きを素早く止める「日月輪撃」、味方プレイヤーや兵団にかかる攻撃バフ「八方威震」、敵陣からの撤退に役立つ「雲月斬り」、敵大盾や長槍の動きを無理やり止める「天地崩壊」と、様々な状況に対応できるようになっている。

しかし残雲はCTが長く、日月はスタン解除で抜けられ、八方威震は効果が控えめで、雲月や天地崩壊は出だしを潰されやすい。
どれもその方面に特化した他武器のスキルと比べれば微妙な性能であると言える。


スキル構成次第でできることが大きく変わる。一つテーマを決めてそれに沿った組み合わせにするといい。


対兵団に特化したスキル構成にするのであれば残雲は必須。
そうなるとスキルCTが全体的に長くなるので、CT中は最前線で働きにくいことを考えると残り1枠は八方威震がいい。

対兵団特化とは言えど、敵の武将を追い払わないと満足に敵の兵団を斬ることすらできないのでそのための日月と天地崩壊は必須になるだろう。敵の大盾を倒すときにも天地崩壊→日月は大いに役立つ。


対武将に特化したい場合は残雲は回転が悪く威力不足なので、少人数戦闘では少々使いにくい。
代わりにCTが短く硬直解除がついた水龍探海にしたほうがいいだろう。

天地崩壊、日月、水龍でコンボパーツは揃うので、もう一枠は自由枠になる。
コンボを決めたあと敵武将のキルを狙い、敵陣に深入りして追撃することもあるので、そこから帰る時に役立つ雲月は候補の一つになる。
また、八方威振を使用した状態でコンボをすればさらにコンボダメージが強力になる。追撃の必要なくキルしきれることも増えるだろう。
雲月も八方威振もどちらも便利なのでオススメ。
もちろんさらに残雲を入れてフルアタ構成にしてもいい。

残雲一掃

CT20秒。

範囲攻撃なので敵兵団の掃討に使うが、天地崩壊で敵武将を複数同時にこかした後にまとめて薙ぎ払うと合計ダメージが凄まじい。
一騎討ちなどでは対武将でも役に立つ。

しかし残雲の威力自体はそこまで高くなく、CTが長いので撃つ時は有効打になるタイミングを見極めたい。
できるだけ多くの敵を巻き込めるように撃とう。


スーパーアーマーもついているが、敵のノックダウンやチョーク等の足止め効果に対しては効かない。
リーチが長いダウン攻撃やタックル系のダウン攻撃は普通に通されるので過信しすぎないように。


3連続左斬りなので敵は左によろけ続ける。なので少し目標の左側を狙うようにすると全段あたりやすい。
横列に並んだ大盾に並行に左方向に向かって振ると大盾兵が追撃を入れてくれる。

水龍探海

逆突きからの薙ぎ払い。硬直解除付きで、武器に打撃ダメージが付与されていれば逆突きのダメージがかなり高くなる。
しかし1段目も2段目も思ったよりリーチが短いことに注意。


ブロック解除値(破防値)が高いがそもそも偃月刀は他にブロックを削る手段に乏しく、このスキルだけではどうにもならない。
ガードを削る用途には使わずコンボの追撃として使い、ちゃんとダメージを通すように使ったほうが強い。

よろけが強いので硬直解除スキルとして使った場合、追撃を止められる可能性は一応あるが出が遅いので過信はできない。


2発目は範囲が広いが威力が低いため、敵武将の反撃を警戒する場合は出さない選択肢もある。
1段目ともども兵団の処理にもあまり有効ではない。

天地崩壊

前方ジャンプからの叩きつけ。実質ガード不可でノックダウン付きの範囲攻撃。硬直解除つき。
打撃ダメージの攻撃なので武器の付与ステータスが打撃2種につくと攻撃力が大きく上昇する。

発生がワンテンポ遅くヒット前に止められやすいことや、至近距離の敵には当てにくいなど欠点も大いにあるが必須のスキル。偃月刀はこのスキルを習得して初めてスタートラインに立ったと言える。

武将に当てたい場合は日月のスタン中に追撃として使うのが基本だが、中鎧と軽鎧、戦鎚刀盾相手だとスタン解除されたりするので、一応警戒すること。


戦場では密集する大盾や長槍に当てるとアドバンテージがとても大きい。当てる手前のタイミングで自分の兵団を突撃させておこう。
一応ガード不可の攻撃ではなく、ブロックに対する削りがとても大きいスキルといった感じなので、忠嗣のガードは崩せなかったりする。
またガード状態の敵を狙った場合はガードしていない時に殴った時よりダメージが落ちる。大盾兵団を狙う時は、余裕があるならサイドやバックを取って使おう。

雲月斬り

長距離ダッシュ。移動方向もある程度自由に変えられる。速度も多少通常ダッシュより速い。

前線からの撤退や落馬した後のカバーに良く使う。
出だしを攻撃されると止められてしまうので、使う前に横ローリングを挟むといい。

使用時にスタミナを消費しないどころかむしろ回復する。
走っている間はほぼ攻撃を受けないので、スタミナやガードゲージやスキルCTの回復目的でただ走り回るのもアリだ。
タイマンに近い状態であれば安定行動になるし、時間を稼げば味方が援護に来てくれるかもしれない。


追加攻撃はゴミ。使い所が全くないので存在を忘れたほうがいい。門殴る時くらいしか使わない。
逃げる敵を追いたい時には、敵を追い越してから振り向いて日月を撃ったほうがいい。

ちなみに雲月中に別のスキルをキャンセル発動したりはできない。
後ろ(Sキー)を押すことで途中で止めることができる。なので後ろに下がりながら雲月を発動しないように。

日月輪撃

スタン付き。リーチが長く発生も早いので使いやすい。ただし横の範囲は狭め。
スタンなので単なる硬直解除スキルでは抜けられないのは強みではある。
偃月刀の高いコンボ火力を支える重要なパーツ。天地崩壊とのシナジーが強く、このスキルも外す理由は無い。


前線で使う時は敵の正面から使わないようにしよう。
こっちが日月を振るタイミングでは相手もスキルを使っているので、下手すると日月が当たる前にダウンさせられてしまう。

敵が別の対象を殴っている時に横入りする形で使うのがベスト。
また出が早いので敵の攻撃をガードした後にすぐ使うのも強い。
当てたらすぐに追撃に繋げよう。
八方威震

範囲攻撃バフ。自分自身と自分の兵団に加え、味方の武将や兵団にもかかる。
ただし人数制限があるようであまり密集していると全員に行き渡らないもよう。


効果量は15%と控えめだが、忠誠のウィスクや剣盾の襲撃前にかけておくと強い。
CTもそんなに長くないのでかけられる時にかけておくくらいでもいい。

偃月刀は無理やゴリ押しができない武器なので、敵の密度が高い場所ではできることが限られてしまう。
しかしこのスキルがあれば手持ち無沙汰になっている時でも支援ができる。


一騎討ちでも地味に強い。味方にもかければ1ダウンからの処理速度がグッと早くなり、それだけ敵に対してのスキをさらす時間が短くなる。

スタン解除効果があり、偃月刀同士のミラーやショートボウと戦う時はそれを覚えておくと役に立つこともある。

怒髪天

硬直/スタン解除もあるが…せめて防御が上がればなぁっていうスキル。

常時スパアマになっても敵の攻撃ダメージは素通りするしノックダウンはもらうのでT5開放から全く使い所がない。
攻撃スキル一つとトレードしてまで使いたいスキルかははなはだ疑問。
NPC武将が使ってくると非常にうざいスキルではある。

銀龍乱舞

オサレスキル。戦場で使ってる人は2回しか見たことがない。
天地崩壊が優秀すぎてこちらを選ぶ選択肢がない。

戦場での立ち回り


対兵団用のスキル構成であったとしても、敵の兵団に対してスキルを連発するのはリスクが高い。
敵の兵団を斬れば必ず敵の武将がそれを止めに来るからだ。

逆にそれを利用して敵の近接武将のスキルを誘い、それをガードして日月で返し、コンボを入れることで撤退もしくはキルを狙うといったようなカウンター戦法がいい。
しかしポールアックスや戦鎚の場合はガード不能の必殺技でカットしてくるためその戦法は通用しない。

そもそも偃月刀は打たれ弱い武器なので、敵兵士の密度が高いような場所では動きすぎないことも大事。
そんな場面でも、味方の武将がダウンさせられコンボを入れられている所をカットして味方の武将を救うという仕事はある。
そのために日月や天地崩壊は使わずにとっておこう。


いざスキルを使った時はCTがある程度回復するまで退いたほうがいい。最低でも日月は使えないと敵の武将に対してできることが少なすぎる。
味方の武将が押しまくっているタイミングでもない限りはヒット&アウェイを心がけよう。


ラインを上げに行くときは騎乗スキルや騎乗攻撃が役に立つ。
敵武将としても走っている騎馬を止めるのは難しいので撹乱を狙うこともできる。

馬止めで待機している長槍や横列陣で待機する大盾の後ろに素早く回り込み、騎乗スキルからのコンボを当てに行くことでたやすく突破口が開けることもある。
そのためにも馬は75000戦貨の赤兎馬と、最低でもライドショップで買える青枠の馬鎧は装備させておこう。
余裕があるなら設計図から鍛造する馬鎧を装備させてあげるといい。

対武将での立ち回り


基本的にはガードをしながら近づき、敵が殴ってきたら日月で返すカウンター戦法が有効。
しかしそれがわかっている敵はガードをしているだけではなかなか殴ってこない事もある。
こちらから仕掛けるにはダッシュ攻撃が有効だが、長くダッシュすることは控え、帰るためのスタミナを残すように意識しよう。


うまいこと味方を先に行かせ、味方を殴る敵に対してCCスキルを当てに行くような立ち回りが一番安全で、大きな戦果が得られやすい。
敵の武将に自分の兵団を殴らせ、その横から近づいて天地崩壊を狙うといった動きでもいい。
敵の武将に見られている場合はこちらから安易にスキルを撃たないようにしよう。

コンボ

ダメージスキルは残雲か水龍探海。
水龍の場合はダッシュ斬りを入れられるタイミングが増えるものがある。


 ・日月→(天地崩壊→)ダメージスキル

これがメイン。邪魔が入りそうだったりスタン解除スキルを警戒するなら天地崩壊は温存する。


 ・日月→ダッシュ斬り(or水龍)

残雲を兵団に対して使いたい時、敵武将への削り目的で。
水龍探海を採用している場合はCTが短いので撃ってしまっていい。

 ・日月→天地崩壊→ダッシュ斬り→水龍1段目

水龍採用時の最大ダメージコンボ。
水龍の2発目は撃たず、反撃を警戒して横にローリングをしたほうがいい。

武器の打撃ダメージが盛れているなら、中鎧まではワンコン圏内にある(ある程度クリティカルの発生が必要かも)。しかし中鎧や軽鎧の武器は硬直解除スキルが優秀でスタンも解除してくるため、相手が即座に反応してきそうであれば安易に狙わないほうがいい。


 ・天地崩壊→ダッシュ斬り→日月→ダメージスキル

味方武将が殴られている所に横入りした時など、スキを狙って天地崩壊から入った時のコンボ。複数の敵武将を同時に巻き込めると非常に強力。
日月やダメージスキルは天地崩壊でダウンさせた全員を巻き込めるように撃つ必要がある。
水龍1段目は全員に当たりにくいが、だからといって2段目まで出すと反撃確定なので欲張らずに早めに逃げたほうがいい。


天地崩壊始動を狙えるタイミングは、

〔Jがダウンし、追撃を入れられている所に横入り。
→ 一番安定して入る上に複数の武将に当たるタイミング。大逆転の一手になるので、一騎討ちなら味方が袋叩きになるまで天地崩壊を温存するくらいでもいい。


硬直解除
→ 敵の武器次第では追撃の攻撃に天地崩壊を止められてしまう。既に自身のHPが削れている時、追撃を入れられたら死にそうな時に一か八か狙うという程度。


LJがダウンさせたやつに追撃
→ 天地崩壊自体は当たるがあまり有効ではない。天地崩壊を当てると敵が吹っ飛んで位置がずれるので、ダウンさせた本人の攻撃自体が当たりにくくなる。その結果、天地崩壊を当てても当てなくても与えるダメージに差が出ないということになりかねない。
そのタイミングで狙うなら日月かダッシュ斬り一発でいい。

武器の付与ステータス


斬撃主体なのでもちろん斬撃系は欲しい。
それにさらに打撃ダメージがつけばベスト。天地崩壊と水龍探海のダメージが跳ね上がる。

中鎧偃月


天地崩壊は打撃ダメージ681%という数値をしているので、他のスキルと比べて攻撃ステータスの上昇によるダメージ量の上昇値がより大きくなっている。
それを狙って渇血セットの効果で打撃ダメージを150+60上昇させることでコンボダメージの上昇を狙うといった装備構成。


武器自体の素の打撃ダメージが150程度なので、付与ステータスや渇血セットの効果を載せれば天地崩壊が通常の倍近いダメージになる。

そしてヒット&アウェイとカウンター待ちを心がけるのであれば偃月刀は防御が多少低くてもなんとかなる。


対武将用の構成限定ではあるが、もともと中鎧武器を使用しているプレイヤーは、重鎧を作る前に一度試してみる価値はあると思う。

偃月刀専用防具の2セット効果が日月のCT減少なので、それ2つと渇血2つの混合装備を使ってもよさそう。

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

メンバーのみ編集できます